プレスリリース2022

給湯器を中心とした住宅設備の販売・施工などを提供する「キンライサー」に「NP後払いair」を導入 。 自社での後払い運用の業務負荷削減による集金DXと、ユーザーへの満足度向上を同時に実現!

 

 株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田 紳、以下当社)は、株式会社キンライサー(所在地:東京都港区、代表取締役社長 森 崇伸、以下キンライサー)に、訪問サービスをはじめとするBtoC市場向けの後払い決済「NP後払いair」を、2022年9月1日(木)より導入開始いたします。

「NP後払いair」導入の経緯

 キンライサーは住宅設備にまつわるソリューションを提供する企業で、ガス給湯器の設置・交換工事などを主に手掛けるガス給湯器事業を中心に、電化住宅促進事業、電気・ガス小売事業、住宅設備・リフォーム事業、マンション一括交換事業など住宅・エネルギーに関連する事業を幅広く展開しています。

 今回「NP後払いair」が導入されたのは創業以来累計150,000件ものガス給湯器の設置・交換工事の実績を誇るガス給湯器事業(https://www.kyutooki.com/)です。これまでもユーザーの支払い利便性を考慮して多彩な支払い方法を用意していましたが、施工後の銀行振込による後払いに対応するための自社での請求書の発行、送付、入金管理や督促などの煩雑な業務の負荷課題となっていました。

 「NP後払いair」では与信、請求書発行、入金管理、督促、ユーザーからの請求に関する問い合わせなどを一括して任せることができるほか、今後の事業拡大を見据えてより少ない人数で効率的に事業運用していく体制作りの必要性からも、大幅な業務負荷削減による集金DXの実現が期待できる点、また一方でキンライサーのブランドイメージを毀損しないユーザー体験を提供できる体制が整っている点が評価され、今回の導入決定へと至りました。

株式会社キンライサー 執行役員CMO大川真樹氏のコメント

 キンライサーではお湯が出ないとお困りのお客さまに対し、最短で当日や翌日の給湯器スピード交換工事を行っております。そのため、20万円程度の急な出費が必要になってしまうことが必然です。お客さまが現金をその場で持ち合わせていなかったり、各決済サービスの限度額を超過していたりすることも見受けられるため、銀行やコンビニ、郵便局などでサービス提供後に支払うことができる後払い決済は欠かせないものと考えています。

 今回「NP後払いair」の導入を決めたのは、まず弊社としては後払い決済の国内市場シェア率No.1(※1)の「NP後払い」がベースとなっているサービスであることから決済業務を安心してお任せできる点や請求書の記載内容や代金回収の方法などがユーザーフレンドリーである点などから、弊社のお客さまが安心してサービスを利用することに繋がりやすいと考え、導入に至りました。

 弊社は、お客さまの応対や工事品質などの面において、高い満足度を誇っています。決済サービスについては、その取引の一連の流れに組み込まれるため、お客さまから見ればそれがアウトソースかどうかは関係なく、利用しているサービスと一貫したものであると捉えられることがあります。そのため、「NP後払いair」の与信審査から請求書の発行までシンプルかつスピーディに実施できる仕組みや、導入まで短期間で済むなど決済サービスとしての完成度の高さなどをもって今後もシームレスに連携いただくことで、満足度の高いサービスを共に協力しながらつくっていけることを期待しています。

※1)矢野経済研究所「オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測2022年版」P86より、後払い決済サービス市場のシェア(2020年度)を参照。

「NP後払いair」について

「NP後払いair」は、個人向けサービスの多様な運用ニーズに対応するBNPL(後払い)決済サービスです。修理、家事代行からレンタルまで、多様な個人向けサービスでご利用いただけます。情報を入力し、ボタンを押すだけのかんたんな操作で、請求業務全てを請け負います。請求書発行、代金回収、入金確認を代行し、貸し倒れリスクも保証。支払先も銀行、コンビニ、郵便局、LINE Pay請求書払い※を揃え、エンドユーザーの利便性を高めます。
電子バーコードは、コンビニ払いと銀行振込に対応しております。

サービス名:NP後払いair
提供開始:2015年7月
利用料金※:決済手数料2.9%〜(月額固定費:税抜0円〜48,000円、請求書発行費用:紙(封書)…税抜225円、電子バーコード請求…税抜170円)
主な機能:与信、請求書発行、集金業務、入金管理、督促、未回収リスクの保証
URL・サービス詳細:https://www.netprotections.com/air

※サービスの利用内容などに応じて、利用上限金額を変更する可能性があります。
※コンビニでの収納が50,000円以上の場合は、収入印紙相当の実費200円の費用負担が発生します。
※ゆうちょ銀行および郵便局での収納が50,000円以上の場合は、ゆうちょ銀行手数料210円(税込)の費用負担が発生します。
※サービス完了登録後に取引キャンセルがあった場合、紙(封書)は248円(税込)、電子バーコード請求は187円(税込)の請求書発行・郵便料金をご負担いただきます。
※加盟審査の結果によっては、サービス利用を制限する場合があります。
※サービス手数料は非課税です。
※メールアドレスを取得できていないお取引が含まれる場合、電子バーコードはご利用できません。
※電子バーコードはセブンイレブン、ローソン、ミニストップ、セイコーマートにてご利用可能。今後、ファミリーマートでのお支払いも可能になるよう準備中です。

株式会社キンライサー 会社概要

【商号】
株式会社キンライサー
【代表者】
代表取締役社長 森崇伸
【URL】
https://www.kinliser.co.jp/
【事業内容】
1.ガス給湯器事業
2.電化住宅促進事業
3.電気・ガス小売事業
4.住宅設備・リフォーム事業
5.マンション一括交換事業
【設立】
平成 11年 9月
【資本金】
5000万円
【所在地】
東京都港区虎ノ門1-3-1 東京虎ノ門グローバルスクエア 12F

株式会社ネットプロテクションズ 会社概要

当社は国内BNPL決済サービスのパイオニアであるとともに、BtoC取引向け国内BNPL決済サービス市場においてシェア率No.1(※2)を誇るリーディングカンパニーです。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、2022年3月までに年間ユニークユーザー数(※3)が1,500万人超に達し、累計取引件数が3.4億件を突破するまでに至りました。2011年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、2021年度の年間流通金額では前年比約30%の成長率で伸長しています。2017年には、EC物販だけでなくデジタルコンテンツ・実店舗など様々な業種で導入可能な後払い決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもスマホ後払い決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。当社はこれらの事業運営によって高い技術と豊富な実績に基づいた与信とオペレーションが構築されており、決済サービスを通じて誰もが安心かつスムーズに商取引できる社会の実現を目指しています。

【商号】
株式会社ネットプロテクションズ
(株式会社ネットプロテクションホールディングス(東証プライム、証券コード7383)グループ)
【代表者】
代表取締役社長 柴田 紳
【URL】
https://corp.netprotections.com/
【事業内容】
後払い決済サービス「NP後払い」の運営
企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
ポイントプログラムの運営
【創業】
2000年1月
【資本金】
1億円
【所在地】
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル5階

※2)矢野経済研究所「オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測2022年版」P86より、後払い決済サービス市場のシェア(2020年度)を参照。
※3)2021年4月1日~2022年3月31日における「NP後払い」の利用者のうち、氏名・電話番号の双方が一致する利用者。

本リリースに関するお問い合わせ

報道関係者はこちら
担当 :野本
TEL  :03-5459-5490 
MAIL : netprotections@materialpr.jp

企業・個人の方はこちら
担当 :株式会社ネットプロテクションズ 広報
MAIL : pr@netprotections.co.jp

×
NP後払いairサービスガイド
1分で簡単ダウンロード

事例・料金・導入手順が
詳しくわかる

資料をダウンロードする

ページトップへ戻る