導入のきっかけは?

当社のEコマース事業では20-30代女性のお客様の割合が多く、“届いた商品を手元で確認してから支払いたい”、“コンビニで支払いを行いたい”というお客様の声を汲み、通信販売事業参入時より自社で未回収リスクを保証する形で後払い決済を提供していました。お客様からすると便利な後払い決済ですが、一方事業者側では複雑なオペレーションが発生します。具体的には、お客様へ決済の提供可否を判断する与信審査やそのデータ管理、未払いとなったお客様への入金を案内するコールセンター業務や、経理部門における未回収案件の経理処理など、多岐に渡ります。未回収案件の回収処理は従業員に対して大きな負担となっていたため、保証型でかつ請求書同梱可能なNPの採用に踏み切りました。

導入にあたっての懸念は?

今のEコマース事業はスピードが重要な要素ですので、NP後払いを導入することにより、自社での後払い決済の運用時より、時間や慣れないオペレーションでスピードが低下するのではないかと心配でした。ましてや請求書を同梱するwizタイプですのでなおさらでした。しかし、そんな不安は導入とともに消え去りました。導入前と何ら変わらずスムーズに運用できております。

導入後の効果は?

コールセンター担当者のモチベーションが上がった実感もあり、従業員満足度が高まることでお客様に対する接客の向上にもつながっています。また、当社では10,000円であった与信金額が50,000円まで拡張できたため、機会損失が大幅に減りました。NP後払いという認知度も昔に比べれば高いため、お客様にとってはなくてはならない決済方法のひとつとなっているのでしょう。