ITXグループの株式会社ネットプロテクションズ(東京都港区、代表:岸本保、以下ネットプロテクションズ)は、導入店舗延べ1000店を超える「NP後払い」「NPカード」の両決済サービスにおいて、日本最大級のオークション&ショッピングサイトであるビッダーズ(運営:株式会社ディー・エヌ・エー 本社東京都渋谷区、代表取締役 南場智子)の標準フォーマットに対応致しました。

ビッダーズとネットプロテクションズは2002年10月に提携関係を結び、「NP後払い」がビッダーズに導入されていますが、これまでは、「NP後払い」を使う際にネットショップが取引データをネットプロテクションズ所定のフォーマット(CSV形式)に変換する必要がありました。
今回、平成16年2月12日よりネットプロテクションズの決済サービスがクラブビッダーズ(ビッダーズの法人向け会員サービス、以下CB)の標準データフォーマット「CB管理ファイル」に対応し、CB会員のネットショップであれば、ビッダーズから出力した標準フォーマ ットのデータを、全く手を加えることなく、「NP後払い」「NPカード」のASPサイト管理画面で簡便に登録できるようになります。

これにより、CB会員で「NP後払い」「NPカード」を利用するネットショップは、決済に関わる不必要な作業の時間を大幅に短縮することが可能となります。

これまでのCB会員ネットショップの取引登録作業のフロー:
購入者取引データをビッダーズのデータベースから「CB管理ファイル」で出力
データをネットプロテクションズ所定のフォーマットに手作業で変換
変換したデータを、ネットプロテクションズの管理画面から登録
今後のCB会員ネットショップの取引登録作業のフロー:
購入者取引データをビッダーズのデータベースから「CB管理ファイル」で出力
「CB管理ファイル」のデータを、そのままネットプロテクションズの管理画面から登録

ネットプロテクションズとしては、有力なショッピングモールサイトであるビッダーズのCB会員が「NP後払い」「NPカード」を簡便に使える条件を整えることで、これら決済サービスを導入するネットショップの大幅な増加を図ります。また、今後も「NP後払い」「NPカード」の利便性を高めてサービス価値の向上を図るために、引き続き有力なショッピングカート事業者、顧客管理データベース事業者等との提携を幅広く進めて参ります。

「NP後払い」について

ネットショップ向けの決済ASPサービス、ネットプロテクションズがお店に代わって消費者から商品代金を回収し、未払いリスクを負担する点では、日本で唯一のサービス。
利用する消費者は商品を受け取ってから支払う"後払い"でよい上に、郵送されてくる支払用紙を使って支払う時点で、コンビニ(14社38,500店舗)・郵便振替・銀行振込のいずれかの手段を自由に選んで支払えるので、安心かつ利便性が高い。
導入したショップは、消費者が好む後払い決済を未払いのリスクなく簡単に導入でき、代金回収も入金消込み等の手間が解消される上に、ネットプロテクションズ独自の「早期立替払い」で最短5営業日後と入金が早くなり、キャッシュフローがよくなる。

「NPカード」について

ネットショップがクレジットカード決済を簡便に導入できるカード決済ASPサービス。加盟店契約(株式会社ディーシーカード、株式会社ジェーシービー、日本信販株式会社、シティコープダイナースクラブジャパン株式会社)・与信確認・売上報告を全てネットプロテクションズが代行する上、これまでカード会社との直接契約では通常1ヶ月以上の日数を要していたショップへの支払いを、最短5営業日後の支払いに短縮する「早期立替払い」をネットプロテクションズが行う。消費者は、DC、VISA/MasterCard、JCB、Amex、Diners、NICOSの国内主要ブランドのクレジットカードが全て使えて、利便性が高い。

「ビッダーズ」について http://www.bidders.co.jp/

「すべての人にマーケットを」をモットーに、個人、法人がその規模や商品の種類に関わらず、ストレスなく自由にモノの売買ができる場の提供を目指し、1999年11月にサービスをスタートしました。お得な料金システム(参加料・出品料ともに無料、成約手数料2.5%など)で、安全で使いやすいオークション&ショッピング複合サイトとして、現在約100万の出品数、約222万人の会員、約25,000店の法人会員が参加する日本最大級の売買マーケットとして成長を続けています。